エージェントリーダーズ合同会社:事業承継・人材育成・ビジネス創造

私たちは、石川県(金沢、能登、加賀)小松市にある、「共創・協働」クリエイティブパートナーです。

エージェントリーダーズ

HOME ≫ 交渉アナリスト

日本交渉協会 交渉アナリスト養成講座

交渉アナリストとは?

交渉アナリストには、交渉アナリストに必要な基礎知識・技術を習得した方に与えられる「交渉アナリスト3級」、交渉アナリストに必要な体系的知識を習得した方に与えられる「交渉アナリスト2級」、交渉アナリストに必要な基本的技術を習得した方に与えられる「交渉アナリスト補」、交渉アナリストに必要な知識と技術を習得し、交渉アナリストの理念にコミットした実践者に与えられる「交渉アナリスト1級」の4つの資格があります。

当協会の理事長藤田忠は、ハーバード大学で交渉学を学び、日本の学問として交渉学を立ち上げ、ビジネス交渉力の教育普及を目的として「交渉アナリスト」を創設しました。「交渉アナリスト」という名称はハーバード・ビジネススクール名誉教授ハワード・ライファ(Howard Raiffa)氏による著書「negotiation analysis」を基にしています。

そして、藤田忠にハーバード大学で交渉学を志す機会を与えたのがエドウィン・O・ライシャワー博士です。エドウィン・O・ライシャワー博士は、日本に生まれ、ハーバード大学の日本史研究者から駐日大使となり、「イーコール・パートナーシップ」の理念で、日本と米国を協創関係に導き、日米関係の発展に寄与しました。エドウィン・O・ライシャワー博士は、今でも交渉アナリストのロールモデルとなっています。

交渉アナリスト資格制度の概要

交渉アナリスト養成講座


交渉アナリスト資格取得プログラムについて

交渉アナリスト資格創設にあたり、取得プログラムのコンテンツを開発いたしました。「交渉アナリスト資格取得プログラム」の販売・運営は、株式会社トランスエージェントが行っております。詳細は、専用サイトをご覧ください。

交渉アナリスト養成講座 ▷▷▷▷▷

受講者の声

交渉アナリスト合格者
第一に、いかに自分が我流で交渉をしていたのかが分かった。と同時に、学んだ内容を知らずに実践していた事にも気づいた。交渉には準備がないと絶対にWinWinは実現できないし、自分本位で話していてもダメだと分かった。無意識のうちに勝ち負けを重要視してしまう自分が居たので、常に相手の立場にも立った「WinWin」を目指して交渉をしようと思う。お客様との交渉だけではなく、上司との交渉でも役立てたい。
会社役員 M様/営業・マーケティング



小さい頃から「もめた時はお互いの間を取りなさい」と言われてきたので、統合型交渉に近い?ことを今までやってきたつもりでしたが、価値交換や価値創造などと言う事は考えたことがなかったので、分けるということだけではなく、価値を増やすことができるというのは驚きでした。仕事として、お客様とやりとりをする時だけではなく、従業員やアルバイトとのやりとりの中で、交渉の仕方を使い分けて、より良い条件を見つけられるようにしていきたいと思います。夫婦間とかでも使えるのかなあと思いました。
会社役員 N様/人事管理

分配型交渉の形しか知らなく、お互いがWinWinの関係というものは、お互いの情報があり50/50となったことを指しているのだと思っていたが、統合型交渉をしてお互いの良い点をつなげていく状態が本当のWinWinの関係につながるのだと知ったことを学んだ。相手と話し合いをする際に相手の状況を質問で多く知って、みんなで何かを作り上げるといった活動の際に利用していきたい。
大学生 H様

分配型交渉と統合型交渉の組み合わせによって、お互いWinWinに持って行けることが分かった。お互いが何を求めているのか、ヒアリング力が大事だと感じた。最後の落としどころ(留保点など)を明確化し、事前にシミュレーションをすることの大事さが分かった。仕事の仕入にも役立つことなので、統合型交渉のスキルUPにも活かしていきたいです。
会社役員 I 様/営業・人事管理

ロールプレイングを初めて経験しました。想定外の事ばかりでしたが、楽しく学べました。現場での交渉に役立てたいです。交渉の心得をしっかり持ち、分配型から統合型に進んで行けるように活かしたいです。
女性リーダー H様/営業・商品開発

三者交渉が印象に残っている。それぞれが譲るところと譲れないところをいかに引き出していくか、お互いがどれだけ納得した形で交渉成立に結びつけていくか、その難しさと面白さを実感でき非常に勉強になりました。仕事で人と人との間に入って調整する機会が多いため、そのような機会の時に、お互いの価値を上手に引き出しながら、WinWinの関係づくりにつなげていきたいです。
経営者 M様/キャリアコンサルタント

統合型交渉における「価値創造」について、非常に参考になりました。 ロープレで実践をして理解した、相手との交渉の進め方を今後仕事のなかで活かしたい。また、これらによってスムーズに合意できるようにしたい。ロープレの時間がたくさんあり、いろんな気づきがたくさんありました。また自分自身を知るうえで再認識と今後の人との接し方について学ぶことが出来て、本当に良かったです。ありがとうございました。
会社員M様/営業関連管理職

交渉はWin-Loseではなく、Win-Winで終わることが、良い交渉の結果なのだということがよく分かり印象に残りました。交渉にもいろいろあるので、ケースバイケースで活かしながら、相手の状況をよく理解しながら日々の交渉にあたりたい。もう少し身近な例が多くあると良かったです。例えば、米朝首脳会議におけるトランプ大統領のやり方など。
会社役員H様/サービス業管理責任者

分配型交渉しか知らなかったのですが、今回の講義を通して統合型交渉の方がはるかにいいと感じました。また社内のミーティングなどでは、みんながしっかり発言できるような環境をつくり、グループシンク、リスキーシフト、アルピーノパラドックス等に陥らないように注意したいです。 社内ミーティングや、社外との交渉時にも、お互いの立場や利害・関心事にも気を配って、MUSTは守りつつも譲れるところは譲ったり、また新しく価値を見出したりして、みんなが本当の意味でWin-Winの結果を得られるような視点で物事をとらえていきたいです。
会社員K様/食品関連管理職マーケティング担当

分配型交渉と統合型交渉という考え方と、ロープレはどの題材も興味深かったです。自分以外の人が持っている条件や思いなどが、想定の範囲外であることが多かったことに気づきました。仕事はもちろん、プライベートでも活用できますね。日常生活を少しでも楽しく過ごしたい。一緒に学んだ方々が、とても良い方ばかりだったので、楽しく学べました。
経営者K様/営業関連

交渉アナリスト養成講座受講者の皆さま、ありがとうございました。  
交渉アナリスト養成講座